kパパの仙台おでかけ

仙台・山形周辺の地域情報、食事、子育てなど。
スポンサーリンク

仮想通貨モナーコイン(モナコイン)が急騰

最近ビットコインをはじめとした仮想通貨が話題になっていますね。

kpapaが初めて仮想通貨を知ったのは、2014年頃です。ちょうどマウントゴックスの「ビットコイン消失事件」の頃です。
当時は1ビットコインが5万円~10万円ぐらい?で、値上がりしてきたのでkpapaもやってみようかなーと思ってた時に、ビットコイン取引所マウントゴックスの社長が横領していたことが判明してニュースで大騒ぎとなり、あービットコインやらなくてよかったー(´Д`*)と思っていました。

それからしばらくたち、気が付けば今年の5月頃から再び日経新聞などで「最高値更新」という記事を見かけるようになり、調べてみると1ビットコインが25万円近くになっていて、えっいつの間にΣ(゚д゚|||)とびっくり。

急上昇してきた理由は様々ありますが、中国の富裕層が買っているとか、日本の金融庁が取引所を認可性にすることによって、仮想通貨にお墨付きを与えた感が出たなどが主な理由として言われています。
その後、中国政府がビットコインを認めないと言ったり、JPモルガンの偉い人が「ビットコインは詐欺だ、ロクな終わり方をしない」などと発言などのニュースの度に大暴落をしましたが、そのたびにしつこく持ち直し、10月12日現在では1ビットコイン54万円超となっています。

つくづく、2014年に買っていれば……と後悔するところであります((´・ω・`;))
スポンサーリンク

そんな中、私が使っているビットコイン取引所のbitflyerの携帯版をチェックしていると、10月6日頃、モナコインが取引できるようになっていたことに気付きました。
モナーコインといえば、5月頃にビットコインが話題になったときに、BSジャパンのWBS(ワールドビジネスサテライト)でビットコインの他にもこんな仮想通貨が…みたいな感じで取り上げられていました。
その時の取り上げられ方は、番外編みたいな感じで、コミケ?みたいな場所でスケッチボードに「モナーコイン」と書いて呼び込みをしているような映像で(うろ覚えですがw)、ギャグみたいな取り上げられ方だったのを覚えています。

(モナーというのは15年前ぐらいに2ちゃんねるで流行ったアスキーアートのキャラクターです。( ´∀`) ←こんな感じの)

そんなモナーコインがbitflyerで取引できる!?
他にもたくさん仮想通貨はあるのになぜモナーコイン!?(゚△゚;ノ)ノ と衝撃を感じるとともに、
2ちゃんねるの初期を知っている世代としてはなんか親近感が持てたので気楽な気持ちでちょっとだけ買ってみました。

その日は1モナコイン70円程度でしたが、それが10月12日現在、一時1モナコイン360円とあっという間に5倍にもなってしまいました(;゜0゜)
特に本日10月12日は朝方100円だったのに、一気に急騰しております。
あまりに急激な値動きにむしろ怖いくらいです((((;´・ω・`)))



ところで、kpapaは仮想通貨というものの将来性には懐疑的です。

そもそもお金は、物やサービスの対価として使います。
投資だったら、金や株、国債などについて、その価値や将来性についてお金をかけるわけです。

でも仮想通貨は、そのお金をかける対象は存在しません。
存在しないものに対して、将来値上がりしそうだからということだけでお金をかけているのです。

金や株、国債などは最悪の場合、価値がなくなってしまった場合でも、手元に物や権利が残ります。
しかし仮想通貨は、本当に何も無いのです。
とても恐ろしいと思いませんか?((((;´・ω・`)))

一方で、だからと言ってまったく手を出さないと言うわけでもありません。
お金を増やすためには、ある程度のリスクを覚悟するのは投資の場合も同じです。
ローリスクでハイリターンは存在しません。
また、金融庁なども初めは懐疑的で放置だったもののあまりの仮想通貨人気に、しぶしぶ規制や税制などについて動き始めました。もしかするとまっとうな通貨になる可能性も無くはないです。
スポンサーリンク


無くなっても諦めがつく程度のお金を入れてみるぐらいのリスクを取ってみるのも悪くはないのではないでしょうか。
投資ではなく、ギャンブルに近い感覚でやってみるのがいいと思います。
ギャンブルというと抵抗がある人はいると思いますが、身近な宝くじもギャンブルの一種です。
(ちなみに宝くじは還元率が50%しかなく、公営ギャンブルではむしろ悪い方です。)
この記事を書いている間にも、モナーコインの価格は激しく乱高下しています。株などもそうですが、一直線にうなぎ登りということはありません。最高値から一気に半値近くまで下がることもよくあることです。くれぐれも、生活に影響を及ぼすほどのお金をつぎ込むことをしてはいけません。

将来性で言うと、ビットコインの方はビックカメラや航空会社のピーチなど、普段の生活でビットコイン決済が可能になったことで、一気に人気が上がりました。
モナーコインの方も、実際の生活の場面で支払いが可能になるなど、実用性が上がっていけばこれからもその価値はあがっていくと思います。

参考として、私がよく見ている闇株新聞というサイトを紹介します。
「ビットコインは詐欺だ!」(闇株新聞)

※投資は自己責任でお願いします。
[ 2017/10/12 18:25 ] お金、ポイント、節約 | TB(-) | CM(0)

スポンサーリンク


エコキュートの「電力制度設定」を設定、確認する方法。ピークカットがうまくいかない時などに。

みなさんはエコキュートの「電力制度設定」は正しく設定されているでしょうか?

私は昨年新居に引っ越して、初めてのオール電化、エコキュートでした。ちなみにパナソニックのエコキュートです。

我が家のエコキュートのリモコンです。
機能の差はありますが、パナソニックのエコキュートは大体同じリモコンだと思います。

説明書を読んだ通りに、おまかせモードにして、使わなくなったら昼停止を押すということはやっていました。

しかし!
ある日、昼停止にしているにも関わらず、深夜電力前のPM10時頃からお湯を沸かし始めていることに気づいたのです( ̄◇ ̄;)

我が家は東北電力のやりくりナイト8というプランなので、深夜電力料金になるのは、PM11時。

このままじゃ高い電気代で沸かしてしまう!!やめてー!( ̄◇ ̄;)

そこで、昼電力の時間をすべてピークカットの設定にしてしまおうと思ったところ、
22:00より先に行かない(T_T)なぜ??

そこで説明書をよーーーく読んだところ、工事店向けの裏メニューがあることが判明f^_^;
つーかこの設定は利用者が設定できるようにするべきでは??f^_^;
パナソニックにちょっと腹が立ったので、みなさんにも設定方法を紹介します(^-^)
スポンサーリンク

さて本題の、「電力制度設定」の設定方法です。

「メニューボタン」を押し、「リモコン設定」に切り替えたら、下↓キーを10秒長押しします。

すると、

メンテメニューが登場しました。
ここで試運転を選択します。


「電力制度設定」がありました。
ここを選択して、自分の電力契約と合っているか確認しましょう(^-^)
私の場合は東北電力は合っていたのですが、プランが間違って設定されていましたf^_^;
間違っている場合は正しいものを選択してください。

新しく登場したプランや、新電力会社を使うという方は……

「直接設定」を選択します。
すると、記号で書かれた様々な時間帯パターンが出てきますので、こちらのページ(Panasonic、新電力料金メニュー設定方法)を見ながら、自分に合う時間帯を設定してください。

これから寒くなるにつれてお湯の使用量が増えます。設定間違いで電気代が大きく変わってきますので、改めて「電力制度設定」が正しくなっているか再確認しましょう(^-^)
[ 2017/08/30 18:00 ] お金、ポイント、節約 | TB(-) | CM(0)

スポンサーリンク


複雑なクレジットポイントで迷ったら基本はビューSuicaカード

 クレジットカードのポイントは、どれがお得か考え始めると、各社キャンペーンなどもあって複雑難解になっていますねf^_^;
特に楽天ポイントは要エントリーや条件などがあり、ちょっと理解が大変です。f^_^;

 私が基本使っているカードはビューSuicaカードです。
 ビューカードからチャージすれば、チャージ時点で1.5%のポイントが付きます。
 店舗問わず1.5%のポイントが付くカードはなかなかありません。またSuica利用可能店舗もかなり多いです。貯まったポイントはSuicaにチャージできるので汎用性も高くOK。

 この汎用性(使える店舗の多さ)はとても大事です。いくら還元率が高くても、使える店舗が限られていてはポイントつけてもらって実質何円!のような現金のような計算は成り立たないからです。

例えば、
 ポイント有効期限が迫ってしまい必要のないものを買うハメになったり。
 初めからポイント分を上乗せした価格で販売しておいて、大量ポイントをつけて「実質」などと言って安くなったように見せたりなどがあります。(→ポイントを使う場面になると、商品価格は高いから、結構ポイントを使ってしまう。)
 有効期限のあるポイントには、現金のような自由度も考慮する必要があります。

 ちょっと前は、楽天ポイントも避けてました。いくら楽天ポイントがザクザク貯まる!と言っても結局楽天でしか使えなかったからです。
 しかし今ではマクドナルドを始めミスドやくら寿司など街で使える店舗も増えてきたので、今後は積極的に使いたいと考えています。


 私の使い方は次の通りです。
 基本はあらかじめビューカードからチャージしておいたSuicaを使います。還元率1.5%。お店によってはSuicaポイントクラブ等の他のポイントと二重、三重にポイントを取れることもあります。(例えばツルハドラッグはSuica+Rポイント+ツルハポイントで三重取り!)

Suicaが使えないところでは…
楽天カード 1.0%
Amazonカード 1.0%
ヤフーカード 1.0%
の3枚のカードのいずれかを使ってポイントをため、ネットショッピングの際に利用しています。
 楽天カードとヤフーカードはイベントでポイントアップする時があるので、その時はSuicaよりもそちらを利用します。

イオン系スーパーでは、WAONボーナスポイントが付く商品が多いことや、株主優待の割引の関係からWAON 約1.0%(WAONポイント0.5%+オートチャージ0.5%)を利用しています。(イオン株主優待についてはまたの機会に紹介したいと思います。)

ということで、書いていてもどれがベストなのか自分でも分からなくなってくるほど複雑な昨今のポイントですがf^_^;
一番いいのは、あまりたくさんのカードに分散させず、自分のよく利用する企業のカード数社のカードにまとめることが、ポイントを失効させることなくていいと思います(^^)

[ 2017/07/19 21:31 ] お金、ポイント、節約 | TB(-) | CM(0)

スポンサーリンク


新聞は止めちゃダメ!新聞代の節約は日経新聞電子版を半額で読む

 マイホームを購入したり、子供の出産を機に家計の見直しを考える方も多いと思います。
 そこで節約術でよく登場するのが、「新聞代の見直し」です。
 だいたいの論調は「新聞って読みませんよね」「無くても困りませんよね」というものです。

 しかし!私は声に大にして言いたい。

 新聞を読むことは社会人の基本!
 読まないなんてありえない!


スポンサーリンク


 ネットを使えば情報は得られる……確かにそうですが大きな問題があります。
 それは自分の好きな情報・ニュースしか見なくなるということです。

 新聞を読むということは、社会の常識を知るということなのです。
 新聞というものは各社が工夫を凝らしてレイアウトを行っています。紙面のどれくらいの大きさを割いてる記事かで重要度を感じたり、視線の動く先に関連記事を置いてあります。
 つまり一般常識としてどれほどの重要度か、何を知るべきかいうことを新聞から認識できるのです。
 可能であれば新聞は複数社読むことが望ましいです。

 前振りが長くなりましたが、日経新聞を安く読む方法についてです。

 まず、よくネットで登場するのは証券会社の会員となり、「日経テレコン」を活用するというものです。
 私も丸三証券の会員となり試してみました。
 これは確かに日経新聞を無料で読むことができます。
 しかし!これは私はあまりおすすめしません!
 テキストだけならすぐに読むことができます。しかし、前述のように新聞は紙面全体のレイアウトに意義があるのです!
 それにもかかわらず、紙面イメージで読みたい場合、1記事単位ごとにしか表示できないのです。これが小さいことだけどものすごく面倒!
 そのため、新聞を読まなくなるか、節約疲れを起こします。これは非常にマイナスです。



 そこで私のおすすめする方法は、「日経電子版の会員になり紙面ビューワーを使う」+「タブレット端末」で読むという方法です。

 まず、日経電子版は普通に会員になります。えっ?と思うかもしれませんが、日経電子版は初月無料なのです。次の月から課金されます。
 翌月の月末に解約すれば、2ヶ月分の利用が1ヶ月分の料金で済みます。つまり実質半額で使えるのです!
 2ヶ月だけ使えても、その後は?と思うかもしれませんが、実はこの初月無料のキャンペーン、特に回数制限は無いんです!日経新聞が気に入った方はまた会員になればOK。
 日経テレコンを使うよりもはるかに手間が少なく、そしてオトクに読むことができるのです!

 そして、日経電子版の紙面イメージは、タブレット端末の紙面ビューワーで見るのが、紙の新聞に近い感覚で読めるのでおすすめです。
 格安でタブレットを手に入れるなら、Amazonの「fire」です。Amazonプライム会員なら割引があるのでわずか5000円で手に入ります。

 いかがでしょうか?繰り返しになりますが、よくある節約情報のように安易に新聞を読まなくするのはやめましょう!
 節約したいからと言って自分の子供の習い事をやめさせるということは、みなさんはそう簡単にはしないと思います。
 それと同じことで、あなた自身の成長のチャンスを自ら奪ってはいけません!10年間新聞を読んだ人と読んでいない人ではまったく知識レベルが違います。将来の昇進、収入にも大きく関わってくる可能性だってあるのです!
[ 2017/07/14 16:00 ] お金、ポイント、節約 | TB(-) | CM(0)

スポンサーリンク


スポンサーリンク
プロフィール

Author:kpapa
仙台在住。30代の男。子供は女の子2人です。

プライバシーポリシー、連絡先はこちら

最新コメント
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -